So-net無料ブログ作成

「未来を壊さないでください」問われているのは為政者だけではない・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 「基地がある故の苦悩から早く私たちを解放してください」高校生代表の女子生徒が、壇上から力強く訴えた1995年の県民総決起大会

 県内ではその後も、基地問題などをめぐり大規模な大会が開かれてきた。静けさの中に万余の怒りが渦巻く会場で、参加者の胸をひときわ打ったのは、子どもたちの声だ

 沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故に抗議、普天間飛行場の早期返還を求めた2004年の宜野湾市民大会。「(現場の)黒い壁はいつか消えると思うが、わたしの心の黒い壁が消えることはない。不安、怒り、恐怖も」と中学生代表の一人

 「なぜ日本政府はこの地域の歴史そして現実を見てくれないのでしょうか」。こう訴えたのは、金武町の米軍都市型戦闘訓練施設での実弾射撃訓練に反対する県民集会(05年)での子ども代表だ

 そして昨年11月、普天間飛行場の県内移設に反対する県民大会。家族で登壇した小学生は鳩山由紀夫首相に向け声を張り上げた。「約束は必ず守ってください。海を、未来を壊さないでください」と

 真摯(しんし)な訴えは胸に突き刺さる。問われているのは為政者だけではない。子どもたちを安らぎの中ではぐくむべき、沖縄に生きるわたしたち一人一人もまた。25日の県民大会であらためて決意を、パワーを強く示したい。(奥村敦子)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月25日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

沖縄戦の図「おきなわ 島のこえ」65年も居座り続ける眼前の飛行場・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 走り梅雨を思わせる曇天の下でハンドルを握った。目的地は米軍普天間飛行場のフェンスに這(は)うように建つ佐喜眞美術館

 一面の壁いっぱいを覆う「沖縄戦の図」の前に立ち、言葉を失う。娘をあやめる母親、拷問される娘。青い海は血に染まり、無数の頭蓋(ずがい)骨が幾重に重なる。この一枚で戦世の不条理さが伝わる

 故丸木位里・俊夫妻が30年近く前、沖縄に滞在。民家の庭先にシートを敷き描いた。「ひざ下の石灰岩の凹凸が痛い。ここに命を落とした人々の思いがひざに伝わってくるのでしょうか。みんなが私たちの筆を動かしてくれるのです」

 同じ時期、夫妻は絵本『おきなわ 島のこえ』(小峰書店)を出版した。沖縄各地の体験者から聞き取りした事実を絵と言葉に残した。沖縄戦の図と違うのは、絵本の冒頭が恵まれた自然と文化を色彩豊かに表現している点だ

 だが、ページをめくるごとに色は失われる。あまりにむごい結末に夫妻はおじいちゃんの言葉に乗せ、孫に希望を与える。「イクサユン シマチ。ミルクユン ヤガティ(戦争も終わりゆたかな時がくる)」

 美術館の修学旅行生は絵を前に立ちすくみ、65年も居座り続ける眼前の飛行場からは輸送機のエンジンがうなりを上げる。通りからは移設を求める県民大会への参加を促す車の声が響く。(石川達也)

大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月24日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

米軍基地の有無、苦難の歴史を歩んできた島人の悲痛な叫び・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 奄美地方の特産品に黒糖焼酎がある。米麹に含蜜糖(黒糖)を加えて発酵させた本格焼酎だ。さわやかな飲み口で1990年代半ば以降、全国的に愛飲されるようになった

 その酒づくりに欠かせない黒糖の多くは沖縄産だという。その要因は奄美産黒糖が少ないことに加えて、価格差が大きいからだ

 奄美では復帰後、国によって分蜜糖(ザラメ糖)生産が奨励された。さらに沖縄振興特別措置法では離島の黒糖生産を対象に交付される補助金がないため、奄美産の黒糖価格は沖縄産の約1・5倍になるという

 米軍普天間飛行場の移設候補地として浮上している奄美諸島の徳之島で、一部誘致派が受け入れ条件として示したとされる6項目に「黒糖生産を沖縄県並みに制度改革」とある

 沖縄と同じ離島であり、似たような風土、気候で作っているにもかかわらず、県が違うために補助を受けられない。その理不尽さを示すような内容だが、米軍基地の有無に帰する問題ではない

 島の人口の半数以上を集めて18日に開かれた徳之島の普天間移設反対集会。参加者の「言葉も音楽も風土も似ている。沖縄の人たちに徳之島を『県外』だと思ってほしくない」という声は、琉球(沖縄)と薩摩(鹿児島)のはざまで苦難の歴史を歩んできた島人の悲痛な叫びに聞こえた。(浜元克年)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月20日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

私たちの生活「書く」から「打つ」常用漢字も今の時代の投影・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 入社したころ、記事は手書きだった。原稿用紙には挿入や削除が入り乱れ、汚い原稿に閉口した。しかし、ワープロの登場で、文章や文節ごとに切り張り、うろ覚えの漢字もすぐ画面に現れ、便利さに感心した

 今では、文字は「書く」から「打つ」比重が大きい。難しい漢字も手軽に使えるようになったことから常用漢字が191字増え、2136字となる最終案がまとまった

 「熊」や「梨」など都道府県名の文字が含まれてなかったというのは意外。憂うつの「鬱」、わいろの「賂」などは近年、頻繁にお目にかかる

 漢字学の第一人者、故白川静さんは「文字をはなれて文化の発展はありえない」とし、文字は文化の担い手であり、「漢字は歴史(中略)の、大動脈をなしている」と語る(漢字百話「中公新書」)。新しい常用漢字も今の時代の投影だ

 一方で、「勺(しゃく)」や「匁(もんめ)」は退場の憂き目に。ルビなしでは読めない方も多いはず。前者は容積などの、後者は重量の単位を表す。「斤(きん)」も以前、削除の俎上(そじょう)に載ったが、「パンを数えるのに使う」と免れた。尺貫法が私たちの生活から遠くなった実感

 「漢字は古代人が作った知恵と世界観のカプセル」(阿辻哲次「漢字の知恵」)という。先人の感性に触れる機会が多ければ、書けない漢字も減るに違いない。(平良哲)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月19日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

新1年生が、着慣れぬ制服姿で少し照れくさそうに学校へ・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 新学期。中学や高校に入学したての新1年生が、着慣れぬ制服姿で少し照れくさそうに学校へと向かう季節

 時折見掛ける母校の制服にはそれなりの愛着があるものの、振り返ると不便な点も多かった。例えば、女子生徒にとって季節や天候を問わず毎日スカートをはかなければならなかったことだ

 当時は疑問を感じずにいたが取材で学校を訪ねる機会が増えると「なぜ」と思うときも。だから16日付本紙しましまネット「高校の女子制服ズボンも浸透中」の記事に共感した

 中部農林高校は昨年秋、従来スカートのみだった女子生徒の制服にズボンの導入を決定、選べるようになった。ズボン着用は少数派だが「楽だし冬は温かい」と好評のようだ。「ズボンの魅力に新入生は熱い視線を注いでいる」と記事は伝える。ほかの県立高校でも数校が取り入れているという

 調べてみると、県外では冬場の寒さ対策などで一部から支持されているらしい。南国沖縄でも強風の日はズボンの方が何かと快適。具志堅三男校長がコメントしているように「自ら選択できることが何よりもいい」

 県内で一時期目立った制服の着崩しには共感できないが、今回のように自分たちの考えを伝え、学校側を動かす力とするのは頼もしい。新入生には学校生活でこうした力も培ってほしい。(奥村敦子)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月18日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

「ハート・ロッカー」利口な奴らは暗闇に隠れ、俺たちを笑っている・・・大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 米軍の隠語では「棺おけ」という物騒な意味を持つ。激しい痛みとも訳される「ハート・ロッカー」はイラクを舞台にテログループが仕掛けた爆発物を処理する兵士が主人公の映画だ

 過剰な音楽やせりふは省かれ、スクリーンを通して伝わる兵士の息遣いや淡々とした行動が見る側に緊張感を持続させ、ドキュメンタリーではないかと錯覚させる。他の兵士に比べ処理班の致シ率は数倍高いという

 映画は開戦の賛否を強く打ち出してはいないが、主人公の一言は印象深い。「利口な奴らは暗闇に隠れ、俺たちを笑っている」。「奴ら」とはだれを指すのか。テログループだけではなく、彼らを危険な場所に送った人間たちは…

 現実のイラクには開戦後、多数のクラスター爆弾が投下された。不発率の高い同弾は子爆弾が二次被害を出し、子どもを含む多くの市民が犠牲になったと米英の調査団体が明らかにしている

 日本政府が沖縄戦中に限らず、県内で見つかった砲弾の処理や万が一の場合の対応に乗り出したことは一歩前進だ。ただ、戦後65年がたってもなお地中には2300トンが埋まっているとされる

 そして今も米軍の演習は続き、厄介な代物がふるさとの山や野を焼き、爆発しないまま積み重なっていく。遠く離れた中東の地と似た現実が沖縄にもある。(石川達也)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月17日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

自然が私たちに何を言わんとしているのか、目を凝らし、耳を傾けながら・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 ホテルにビーチ、ヨットハーバーや国際会議施設などを有する宜野湾市の西海岸は、県内の埋め立て地の中では最も成功、発展した地区の一つといっていいだろう

 今では想像できないが、30年ほど昔は無愛想なコンクリートの護岸の辺りに、アザミや蒲(がま)が生い茂るサッ風景な海だった。ただ沖合には自然が残り、父や兄弟とよく潮干狩りに出掛けた。タコ、トコブシ、ティラジャー(マガキガイ)、ちょっと探せば晩のおかずになるほど収穫があった

 同じ喜びを息子に伝えようと、宜野湾はじめ中南部の海に繰り出しているが、バケツは軽いまま帰路に就くことが多い。腕が悪いのか、貝が減ったのか

 5年ぶりにやんばるの海に潜ったという友人は先日、驚きながら話していた。「ほんと、沖縄は魚が減ったよね」。陸の人間が気づいていないだけで、海の生き物にとってはかなり住みづらい環境になっているのかもしれない

 きょうは旧暦3月3日の「浜下り」。女性たちが海水で身を清め、健康を祈り、ごちそうを楽しむ日とされる。この時季は1年で最も干満の差が大きく、各地の海は潮干狩りでにぎわう

 ぐずついた日が続いたが、きょうの予報は雨のち晴れ。自然が私たちに何を言わんとしているのか、目を凝らし、耳を傾けながら春の海に入ってみるのもいいのでは。(平良秀明)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月16日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

皆にいい顔をする、政権への「切望」は「絶望」に変わる・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 トヨタ自動車の社名が、創業家の豊田(トヨダ)から濁点を取った読み方に変わった逸話が残されている

 「誰かに教えたくなる社名の由来」(本間之英・講談社)によると、同社は創立前年の昭和11年、新車「トヨダ号」のマークを公募した。デザインを優先し採用した作品を見ると、「トヨダ」ではなく「トヨタ」と誤って表記されていた

 当時は異論よりも、濁点のない方が響きがよく、画数も末広がりの8画で縁起がいいとの声が多く、社名も「トヨタ」に決まったのだという。屈指の世界企業も、命名時の濁点の有無が岐路になったといえる

 そんな濁点は、言葉の意味を一変させる。「刷毛(はけ)に毛あり、禿(は)げに毛はなし」「河豚(ふぐ)に毒あり、福に徳あり」など、落語の枕で「澄むと濁るは大違い」の前振りに続くフレーズが代表例だろう

 「澄むと濁るは大違い」といえば、迷走する普天間移設問題もまさにそうだろう。鳩山由紀夫首相が約束した「最低でも県外」への「希望」は「気泡」と化し、皆にいい顔をする首相の「愛想」の良さは「愛憎」をも生みつつある

 米大統領との会談も不発に終わり、5月中決着が一層厳しくなった。公約の「県外」を「見解」の相違と強弁し、機能分散で県内案をゴリ押しするなら、政権への「切望」は「絶望」に変わる。(稲嶺幸弘)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月15日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

米軍の駐留を含む「外交防衛の根本的議論」の必要性・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 平沼赳夫元経済産業相(70)や与謝野馨元財務相(71)らが結成した新党「たちあがれ日本」が、早くも「立ち枯れ」「アラ(ウンド)古希=70歳前後の意」などと揶揄(やゆ)されている

 自民党と大差のない政策が新味に欠ける―などと正面から批評するならまだいい。しかし、単に年齢だけで政治家、政党の資質を測れるはずもなく、若い世代に範を示す大先輩はごまんといる

 4・25県民大会に向けた本紙企画で今週、県知事経験者のインタビューが続けて載った。大田昌秀氏(84)、稲嶺恵一氏(76)は紙面で見る限り、元気そうで米軍普天間飛行場の移設問題への論説は、歯切れがいい

 県内移設への対応や安全保障への考え方など政治的立場は今も違うようだが、両氏が共通して米軍の沖縄駐留を含む「外交防衛の根本的議論」の必要性を提言しているのは興味深い

 県内に米軍基地を置く根拠は、先輩記者の『砂上の同盟~米軍再編が明かすウソ』(屋良朝博著)に詳しいが、米軍幹部が「沖縄でなくてもいい」と明言、駐留する大義名分もぐらついている

 県民大会2日前には、両知事経験者と野中広務元官房長官(84)が普天間問題のシンポジウムでそろう。時の国政、県政を担った経験と、現役を離れた身軽さで本音を語り、移設地のたらい回し議論に喝を入れてほしい。(上間正敦)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月14日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

沖縄戦を取り上げた戯曲「木の上の軍隊」にどのような風刺を・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 多くの戯曲や小説を残し、井上ひさしさんが逝った。芝居を見る機会はなかったが、人形劇「ひょっこりひょうたん島」の台本を執筆し、「ムーミン」の主題歌を作詞したと知れば、なじみが深い

 日本ペンクラブ会長や「九条の会」呼びかけ人として、表現の自由や護憲、平和運動などに熱心に取り組んだことでも知られる

 2000年に講演で初めて来県。翌年には広島で被爆した父娘を描いた「父と暮らせば」が県内で上演された。沖縄戦を取り上げた戯曲「木の上の軍隊」を7月に上演予定だったが、治療のために延期を発表したばかりだった

 終戦を知らずに、伊江島のガジュマルの上で2年間を過ごした日本兵の実話を題材に、占領軍がジャズを流しているのを謀略だと思っていたという筋立てだと01年の本紙インタビューで明かしている

 「遅筆堂」を名乗ったが、徹底した資料の読み込みゆえだったという。執筆に向けて十数年前から手製の沖縄語辞典を作っていたことからもうかがえる

 「日本のさまざまな辛(つら)いことを沖縄の人が引き受けてくれたという思いがあった」と話した井上さんが、米軍普天間飛行場移設問題で揺れる今の状況をどう見ていたのか。「木の上の軍隊」にどのような風刺を込めたのだろうか。それを確かめられないのが残念でたまらない。(浜元克年)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年4月13日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。