So-net無料ブログ作成

舞台「お笑い米軍基地」戦争や基地の恐ろしさを知り、見た人の心に残るもの・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 たとえば国際通りに生々しい戦争資料館を造り、米の原潜が入港するたびに県を挙げて派手なパレードで歓迎する。スナックでは沖縄戦体験者のトークで接客する―

 沖縄の基地問題解決に、お笑い芸人の小波津正光さん(36)は、日本政府ではなく観光客に直接訴えるアイデアを示す。「そしたら、本土との落差、沖縄の異常さに気づくさ」。ネタか本気か。大きな目がいたずらっぽく笑う

 6年前のきょう、宜野湾市の沖縄国際大学に米海兵隊のヘリが墜落した。東京で活動していた小波津さんの30歳の誕生日であり、舞台「お笑い米軍基地」が生まれるきっかけとなった日でもある

 基地とカネ、爆音、人間の鎖、県民大会、理想と現実、そして矛盾を、県民が共感しウチアタイするコントに仕立ててきた。1年のつもりが6年目の今年も多くの客を集めた。タブーを排するためスポンサーは募らず、独自の表現、笑いにこだわってきた

 独自の表現とは、反戦漫画「はだしのゲン」に通じる。戦争をせずとも、戦争や基地の恐ろしさを知り、見た人の心に残るものを追求してきた。客席では笑い転げても、家に帰ったとき現状を疑う意識が芽生えるように

 小波津さん、基地問題の解決策は? 「ウチナーンチュが米大統領になるしかないです」。ネタか本気か。(平良秀明)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年8月13日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。