So-net無料ブログ作成

「ケンツビッチ音楽祭」トランペットの音色に連なる津堅さんのメッセージ・・・ 大弦小弦 八葉蓮華 [大弦小弦]

 夏休みや旧盆で帰省する旧友との会話は楽しい。仕事や子どものことなど互いの近況報告に始まり、同級生や恩師、出身校の話に広げては時の空白を埋め、過去と今をつなぐ

 遠く、長く離れた人ほど故郷の事柄に敏感だ。この夏は普天間問題への政府対応に怒り、「沖縄に不明高齢者がおらずほっとした」と地域力を誇る友を見て、こちらもあらためて愛郷心を刺激された

 県出身トランペット(Tp)奏者の津堅直弘さん(60)が「ケンツビッチ音楽祭」と題し15日に浦添市で演奏会を開く。ケンツ―は作曲時のペンネームで「作曲家津堅」の作品のみを演奏する異色の舞台だ

 今年2月、32年間首席を務めたNHK交響楽団を退団した。定年まで首席を通したTp奏者は国内プロで例がない。技術や音楽性に加え気力、体力ともに優れた奏者の証しで日本Tp協会会長就任もうなずける

 演目の一部を聴く機会があったが、沖縄音階を巧みに取り入れた作品が多く、沖縄戦の悲劇に思いをはせ平和を願う「レジェンド」は圧巻。沖縄の美しさ、平和の尊さが音楽から伝わってくるようだ

 演奏活動の大半を県外で過ごした分、故郷への思いが募るのか。強く、優しく、輝いて…。Tpの音色に連なる津堅さんのメッセージも感じてほしい。てだこホールで午後2時半から。(上間正敦)

 大弦小弦 沖縄タイムス 2010年8月11日 
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。